費用

買取フランチャイズの加盟先の決定材料となる、費用について調べています。

買取フランチャイズ加盟にあたり発生する費用

店舗開店の際にはさまざまな費用が必要となりますが、フランチャイズ加盟の場合はさらに以下の費用が上乗せされます。

加盟金 200~300万円程度
研修費 100万円程度
開店用備品キット ~50万円程度

FC加盟しない場合に必要な開店資金は500万円程度と言われていますので、蓄えや調達に不安がある人にとって上記の金額は、大きな負担となってくるでしょう。中には競合FCとの差別化を図る意味で、加盟金などを相場よりも安く提示しているところもあります。つい目を奪われてしまいがちですが、本当に費用の安さだけで決めて良いのでしょうか?

思わず見落としがち!買取業は維持費がかかる

開業資金に不安を持ちながらも、何とかオープン!しかし買取業は、キャッシュフローをいかにスムーズにするかにかかっています。以下のような維持費が必要だからです。

項目 金額 備考
家賃 約15万円 店舗そのものと、その利用により発生する費用。
光熱費 約2万円
警備費 約3万円 取扱商品が貴重品だけに、必要。
広告宣伝費 約20万円 チラシ作成やHP制作/維持費。
FCロイヤリティ 約20万円 FC加盟の場合、月々発生する。
雑費 ~5万円 細々とした出費の合計
合計 約65万円  

もし自分以外にもスタッフを雇うとすれば、その人件費が追加されることも、忘れてはなりません。

甘い謳い文句に要注意!「加盟金0円」の危険

「買取業は、なかなかランニングコストがかかるなぁ…。やっぱり開業時の加盟金を抑えておいた方が良さそうだ」そんな風に考える人がいるかもしれません。しかし「ウチは加盟金が安いですよ」という謳い文句には、要注意です。そうしたFC本部は、上記の月々の維持費に含まれる「FCロイヤリティ」の額を、高く設定しているケースが多いのです。

例え相場より開業資金を抑えることができたとしても、月々の維持費に苦しめられていると、店舗の体力はすぐに落ちていきます。開業資金をセーブすることも大切ですが、ランニングコストを年間単位で計算し、ロイヤリティの割合が高すぎないかをチェックしたうえで、加盟先を絞り込んでいきましょう。