知名度

このページでは、フランチャイズに加盟して買取店をオープンする場合、知名度を重視すべきかどうか、調べています。

知名度の高い買取フランチャイズのメリット

加盟先を検討する際、知名度は大きな検討材料のひとつになります。例えばFC展開業種の代表格・コンビニエンスストアを思い浮かべて下さい。セブンイレブンなど知名度の高いFCの新店がオープンすれば、消費者は進んで入店するでしょう。しかし全く名前を知らない店舗であれば「こんなコンビニ、あったっけ?」と訝しみ、見慣れたコンビニエンスストアまで、移動してしまうかもしれません。

また買取業者の店舗は、コンビニエンスストアより、入店ハードルがずっと高くなっています。商品を持ち込もうとする場合なら、なおさら。知名度のない店舗は「安く買い叩かれるかも…」と敬遠されてしまう可能性が高いのです。
知名度の高さは信頼度に比例しますから、FC加盟すれば、ずっと集客しやすくなるに違いありません。また必要以上に広告宣伝費をかけなくても、看板に躍るFC本部の店名だけで、ある程度の集客は見込めるでしょう。

知名度の高さが逆にネックになることも

著名なFCに加盟することで、別の問題が浮上することもあります。この場合もコンビニエンスストアの例を思い浮かべてみて下さい。「何だかこのあたりには、セブンイレブンがいっぱいあるなぁ…」、そんな地域では、それぞれの店舗に訪れる客足が分散しがち。FC同士が食い合ってしまうのです。中にはオーナー同士が牽制し合い、敵視し合っているというケースも…。

買取業者の店舗は、コンビニエンスストアに比べ絶対数は少なくなっています。しかし大きな繁華街への出店を検討している場合、エリアについてはよくよく検討する必要有。申し分のない条件で開店しても、店舗が乱立しているという理由だけで、経営が悪化します。こうした悪条件については、FC本部から事前に通告して欲しいものですが、オーナー自身も出店エリアを決定する前に、他店舗の存在についてよく確認する慎重さが必要です。

最終的に優先すべきは立地

ここまでの内容を読んで「知名度の高いFCに加盟すべきか、迷ってしまう」と考える人も多いでしょう。
エリア内に他店舗がないのであれば、加盟した方が良いかもしれません。しかし店舗が繁盛する最大の要因は、やはり立地です。「繁華街もしくは人口の多い地域の駅前にあること」は、絶対に譲れない最低条件。こうした場所にはさまざまな年齢層の人が集まりますから、買取店舗を利用しようというニーズも一定数存在しています。
例えFCの知名度が低くても、宣伝広告を頑張り、誠意のある査定を実現していけば、次第に地域へ浸透していくはず。第一の優先条件は「より良い立地で独自性を保てること」だと認識しておきましょう。