自己資金はいくらあればいいのか

このページでは、買取業者としての開業に必要な自己資金について調べています。

買取業者として開業!必要な自己資金は

買取業者として独立起業を目指す場合、自己資金が必要となります。一体いくらぐらい用意すれば良いのか?目安を知っておく必要があります。

項目 金額
店舗契約費 約100万円
店舗内装費 100~200万円(規模による)
備品 約100万円(什器や鑑定ツール、ネット環境整備など)
運転資金 約50万円(買取用)
広告宣伝費 約100万円(看板、チラシ、HP作成)

上記の金額を合計すると500万円程度の資金が必要となることがわかります。またセキュリティ対策など、こまごまとした出費も予想されますので、600~700万円程度の蓄えが出来たり、資金調達が可能となった時点で、 開業を検討すると良いのかもしれません。

自己資金は店舗形態によっても異なる

買取業者には大別して「買取を専門に行う」業者と、「買取と販売を行う」業者がいます。まず買取を専門に行う業者ですが、客から品物を買い取った後、別業者などに販売するかたちで利益を上げていきます。買取と販売を行う業者は、客から買い取った品物を、店舗で販売できます。

店舗形態により生じる差をチェック

  買取専門の場合 買取+販売の場合
ビジネス法 買い取った商品を、専門業者に買い取ってもらう。 買い取った商品を店舗で販売したり、専門業者に買い取ってもらう。
必要スペース 査定などの商談スペース 商談スペース+販売スペース
在庫 なし。0からスタートできる 初期在庫の用意が必要

上記を見てもわかる通り、買取業者としてのスタートが切りやすいのは「買取専門」という店舗形態です。この方法なら店舗が小さくても営業が可能なので、賃料を大幅に抑えることが可能。スタッフの数も要りません。

対して販売も行う場合は、それなりの設備が必要。スペースが広いに越したことはありませんし、多くの什器も必要になってきます。販売を専門に行うスタッフが在籍していた方が安心ですし、セキュリティ対策もより厳重に行わなくてはなりません。
さらに開店にあたって、什器がガラガラでは格好がつきませんので、初期の商品在庫が必要。この準備には100万円程度の金額がかかりますので、自己資金も余計に必要となってくると知っておきましょう。