リスクの少なさ

このページでは、買取ビジネスの仕組みを紹介しています。

買取業者のビジネスの仕組み

買取業者は、来店者が持ち込んだ商品を買い取ります。

もちろん利益が出なければ商売が成り立ちませんので、買い取った商品の再度販売する際の価格から、何割かを引いた金額を提示し、取引を成立させます。

買い取った商品は

  • 店舗で再販する場合
  • 専門業者に買い取ってもらう場合

の2種類があります。店舗に販売機能を持たせていない業者の場合、自分が買い取った商品を、別の専門業者に買い取ってもらうという二重の構造を設け、ビジネスを成立させていきます。

低リスクの理由

1人でも開業が可能

買取業者の店舗形態は、さまざま。「大きく構え、従業員をたくさん雇って…」と想定すれば、出費はどんどん嵩んでいくでしょう。しかし規模を大きくしなければ、業務をひとりで切り盛りすることも、十分可能な業務形態です。もし「資金が十分ではない」という場合は人件費を削減する意味で、ミニマルな形態を選択すると良いかもしれません。

スペースを削減できる

買取業者として最小限の営業形態を目指すなら、店舗で買取のみを行い、再販は行わない形態がおすすめです。店内に必要なのは、スタッフと客が査定のためのやり取りを行うスペースのみ。もちろん、バックルームなど最低限の設備も必要とはなりますが、狭い店舗でも十分に営業が可能となり、賃料や内装費が大幅に節約できます。

在庫リスクを抑えられる

買い取った商品を店舗で再販する業者にとって、最もリスクが高いのは、在庫を抱えてしまうことです。ブランドバッグなどの商品は在庫がだぶつくと、店舗内のスペースを浸食していきます。もちろん買取金額の回収も遅れるため、業務全体に悪影響が及んでしまうのです。貴重品だけに、万引きや盗難などの対策も必要となってきます。

買取専門なら低リスクの運営が可能

買取業者として起業を果たす場合、自己資金としては「最低でも1,000万円程度を用意したい」とされています。しかし現実的に難しい、と悩んでいる人も多いでしょう。

店舗に販売機能を持たせてしまうと、さまざまなランニングコストが必要になってくるので、資金不足の人はますます苦しくなります。まずは買取専門で、安定感のある経営を目指すことが、成功への近道と呼べそうです。

買取店・修理店・家事代行など少額資金・低リスクで始められるFCを比較

コンビニ

フランチャイズというと、コンビニというイメージが強いですね。コンビニは比較的取り掛かりやすい、利益を得やすいというイメージから、フランチャイズの中でもチャレンジしやすい業界ですが、加盟する企業によってはリスクもあるので注意が必要です。

例えば、すでに自分がフランチャイズ加盟店としてコンビニを運営しているすぐ側に、あえて本部が指定して別のフランチャイズ加盟店を開業させ、競合させるという手を使う場合もあります。 どちらもうまく運営できればよいですが、片方が閉店に追い込まれてしまうこともあるなど、波風が立ちやすいフランチャイズもあるようです。

買取専門店

買取専門店は、その名の通り品物を買い取るお店で、フランチャイズ展開している企業がたくさんあります。比較的開業資金が少ないので、こちらも取り掛かりやすい業界です。

買取専門店のメリットは、在庫を維持する必要がないためリスクが少ないという点が挙げられます。また、企業によっては初年度の赤字を補填してくれたり、年収を補償してくれるという特典を展開しているところもあるので、買取業未経験の方でも不安なく始められます。

大手コンビニだと副業がNGで、本業として始めることが条件となっていたり、家族2名以上で開業しなければならないなど、細かい条件が定められているところもありますが、買取専門店は副業スタイルから始められるところもあるため、いざという時の保険になるのも助かります。

さらに、買取専門店は従業員を雇わず1人からでも開業できるので、人件費などのリスクが少ないという点もポイント。できるだけ低リスクでフランチャイズを始めたいという人におすすめです。

フランチャイズで買取専門店が思いつかなかったという人は、これを機に情報収集してみてはいかがでしょう。

修理店

修理店といってもいろいろな業種がありますが、障子や網戸、畳の修理を行う修理店や、カギ、水道などの修理を行う修理店も、低資金で開業できるフランチャイズがいくつかあります。

開業資金はかなり安く、50万円から150万円ほどで開業できますので、フランチャイズ業界の中でも最安といえるかもしれません。開業資金が少ない分リスクも少ないですが、畳や障子などの修理については、近年洋間が増えていることもあり、需要の点で不安があります。

ただし、手厚いフォロー体制を整えている企業が多く、集金トラブルを本部で対応してくれたり、困ったときに相談できる電話窓口を設置するなど、加盟店へのサポートが充実しているところを選べば、スムーズな運営が見込めそうですね。

家事代行サービス

家事代行サービスは、共働き家庭が増えたり、高齢化社会が進んでいることから需要が増えている業種です。多くの企業でフランチャイズ加盟店を募集していて、比較的低資金で開業することができます。

開業資金は企業によって異なりますが、平均すると100~150万円と手頃なので、少ないリスクで開業できるのがメリットです。 家事が苦手という人でも、オーナーとして経営に専念しながら実際の作業は女性のパートさんにお願いするなど、上手に運営している加盟店もたくさんあります。

ニーズをしっかりリサーチした上で開業すれば、期待できる利益が見込めるかもしれません。