目利き力をつけてニセモノを見極める

目利きの買取オーナーになるためには…。失敗例を交えながら紹介していきます。

目利きの買取オーナーになる道は険しい

買取業者は来店者から持ち込まれた商品を査定したうえで、買い取ります。その商品を専門業者に転売したり、FC本部に引き取ってもらうことで利益を上げるのです。

そこで重要になるのが「査定力」です。良い品を安く買い取ったうえで、高く転売できればそれに越したことはありませんが、あまりやり過ぎると来店者がいなくなりますから、ほどほどが肝心。恐ろしいのは、うっかり偽物を買い取ってしまうことです。以下に失敗例を紹介しましょう。

鑑定の失敗例

ダイヤモンドと思ったらモアッサナイト

来店者からダイヤモンドのアクセサリーが持ち込まれました。買取業者にとって、貴金属は最も利益が上がりやすい品目ですから、取引はすんなり成立。しかし後日、やってきたFC本部のスタッフに「これは偽物ですから、買い取れません」と告げられてしまいました。その正体は「モアッサナイト」という鉱物で、しかも人造。買取業者は買取料金を大損してしまったのでした…。

このような事例は意外に多く、買取業者なら誰でも一度は経験するようです。モアッサナイトやキュービックジルコニアなどの偽ダイヤモンドは、一見すると本物との区別がつかなくなっています。中には巧妙な偽判定書を添付し訪れる悪人がおり、プロでもコロリと騙されてしまうのです。

こうした目に遭わないためには、専用の「ダイヤモンド判定機」を購入しておく必要があります。電気の伝導率などで、すぐに本物か偽物かが判定できるため、自衛のためにも備えを。その購入費を惜しみ、性能の悪い判定機でお茶を濁すと、後悔することになります。

盗品を買い取ってしまう

店舗販売も行う買取業者のAさんはマメな人柄で、インターネットを利用した宣伝活動に熱心。店舗ブログも日々更新し、携帯電話のカメラで撮影した買取商品情報を、リアルタイムでアップしていました。
しかしある日、店舗に警察が来店。「そちらが先日買い取った商品は、盗品であったことが判明しました。犯人の供述と、ブログの商品写真が一致したので没収します」と通告されました。Aさんは商品を没収されたうえに、買取金額も回収することはできませんでした…。

盗品は偽造品と違い本物ですから、査定を拒否する理由がありません。しかしいったん盗品であることが判明してしまうと、大損です。 

【リスクを回避するための心がけ】

  • 査定の際、商品の入手経路に関する質問をあらかじめ義務化しておく。
    説明が怪しい人物からは、買取を行わない。
  • 3ヶ月間の商品保管義務がある質屋とは違い、買取業者が即日の転売も可能。
    処分はコンスタントに行い、商品写真の宣伝などはなるべく避ける。

上記のような予防策を講じていても、盗品の買取は防げないこともあります。そんな時は、交通事故に遭ったとでも思って、潔くあきらめるよりほかありません。

フランチャイズに加盟する場合は

あまり査定経験のない人が、買取業者として開業すると、上記のような失敗を犯しやすくなります。そこでおすすめなのが、FC加盟。開業前に査定を含む業務研修を受けることができますから、短期間で集中的に「査定力」をアップさせることができます。研修にはそれなりの費用も発生しますが、やはりきちんと受講しておくことが成功の鍵です。

また開業後に、スカイプなどの通信手段で、リアルタイムの査定サポートを提供しているFC本部もあります。査定に不安が残る時期は、このサービスを活用することでリスクを回避しやすくなるでしょう。もちろん、独学も必要です。自分自身が取り扱う品目の特徴や傾向を知っておいて、損はありません。目利きの買取オーナーを目指し、努力を重ねるようにして下さい。