反面教師!失敗談から学ぶ

このページでは、買取フランチャイズの失敗例を紹介します。

要チェック!買取フランチャイズの失敗例

フランチャイズ加盟して買取店を開業したいと考えている人にとって、先輩オーナーの声は非常に気になるところ。中でも失敗例は、反面教師にしなくてはなりません。以下に紹介しますので、ぜひチェックしてください。

資金が尽きて失敗したAさん

Aさんは脱サラ→独立開業を目指し、サラリーマン時代にコツコツと貯蓄した1千万円近いお金を、開業資金としてつぎ込みました。しかし、その遣い方を誤ってしまった模様。Aさん自身の好みはもちろん、本部のスーパーバイザーのアドバイスの結果、必要以上にゴージャスな内外観にこだわり、内外装費が嵩んでしまったのです。
また開店後に思うような集客が得られなかったため、折込チラシを何度も打ったことで、100万円以上の出費×回数が発生してしまいました。こうした資金の浪費が、店舗の体力をジワジワと奪っていったのです。さらに折悪く、偽物を買い取ってしまったことが大きな打撃となり、Aさんは廃業を決意したそうです。

本部選びを失敗したと感じているBさん

「私が加盟しているフランチャイズは買取も行ってくれるのですが、その際、こちらに取引の主導権を全く与えてくれないため、若干不信感が募っています。またオーナーの年間総収入を保証する制度がきちんと整っていないため、先行きに不安を感じています。私自身が、もっと条件をよく確認したうえで加盟先を決めればよかったのですが…。
また個別サポートなども特に提供してくれないため、こちらはマニュアルを元に営業していくのみ。これではまるで『丸投げ状態』です。このまま利益が上がらない状態が続くと、撤退を考えざるを得ないかもしれません」

失敗者の声から得られる教訓は

失敗経験のある先輩オーナーの声は、私たちにとって参考になります。特に以下の点には、要注意です。

  • 資金の浪費はなるべく抑える。開業資金に尽くしすぎると、維持費の捻出が困難になる場合も
  • 加盟金の高さよりも、月々のロイヤリティの高さが店舗の体力を奪う

フランチャイズは一度加盟してしまったら、簡単に契約解消できません。経営に失敗しないため、必要な要素を慎重に確認しながら、加盟先を選ぶようにしましょう。

ロイヤリティが安いのはどこ?買取店フランチャイズのスペック比較表を見る